愛知県名古屋市でANK(NK細胞)免疫細胞療法と抗体医薬品・ビタミンC療法でがん(癌)治療を行う河合まごころクリニック

抗体医薬品との相性

文字サイズ:

抗体医薬品との相性

抗体医薬品との相性
例)HER2強陽性がん細胞に対する免疫細胞療法+抗体の効果

1.グラフ説明
同グラフはそれぞれの療法の細胞を、HER2強陽性の乳がん細胞に一定条下で共培養し、所定時間内に破壊されたがん細胞の割合を測定した実験結果です。
抗体のADCC活性により、NK細胞は、更に激しく、がん細胞を攻撃し殺傷速度が2倍以上になることがわかります。

ハーセプチン単独では、がん細胞傷害活性を持ちません。

なお、樹状細胞は単独でがん細胞を殺傷しないため、この実験系は適用できません。樹状細胞療法が目的とするのは、CTL(キラーT細胞)の誘導であり、CTL療法を超えることはできません。

2.用語
CAT(CD-3 Activated T‐cell):非選択的T細胞培養、
T細胞に標的細胞を教育せず、非選択的に増殖(最も一般的な免疫細胞療法)

CTL(Cytotoxic T-Lymphocyte ):
標的がん細胞と一緒に培養し特定抗原を認識させたキラーT細胞。T細胞としては最強のもの。標的がん細胞が少し抗原を変化させても攻撃しなくなる。また同じ腫瘍組織内でも抗原が一致しないがん細胞は攻撃しない。

ANK(Amplified Natural Killer ):ANK自己リンパ球免疫療法
増殖、活性化されたNK細胞(NK細胞は標的を教育する必要がない)。どんながん細胞に対しても攻撃をする。

上記は1例(ハーセプチン)ですが、活性化されたNK細胞は抗体医薬品と非常に相性が良いと言えます。

がんのレセプター発現率

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional